インプラント・マウスピース矯正 |
富田林市・河内長野市・堺市美原区・藤井寺市 |
かとう歯科医院

医療法人明新会かとう歯科医院について

事業目的、治療方針や治療費、スタッフ紹介

医療法人明新会の事業目的

医療法人明新会の事業目的
  1. 明新会は、高度な歯科医療を通じて社会に貢献する。
  2. 明新会は、医療に貢献する人材の育成を行う。
  3. 明新会は、当会全職員の心身両面の幸福、健康を追求する。

平成21年3月

医療法人明新会の診療哲学
  1. 患者さんの真に満足いただける質の高い歯科医療サービスを提供すること。
  2. 患者さんひとりひとりの健康に寄与すること。
  3. 患者さんのさらなる人生成功の一翼を担うことである。

平成21年3月

これら使命の実践が仕事への誇りを育成し、これこそ私たちの精神的支柱である。
治療方針

患者さんが百人いればその数だけ治療方法があります。それだけ個人の歯及び周囲の状況、全身状態、要求、そして生活環境などが違うからです。私たち、かとう歯科医院はその患者さんに最適な治療法と思われる複数の選択枝をご提案し、納得頂いた治療法を実践致します。患者さんのほとんどがインプラント埋入手術は痛い、怖いと思っているようですが、当院では歯科麻酔専門医が静脈内鎮静法を担当します。これにより患者のストレスが劇的に軽減され安全性も高まります。手術時の記憶はほとんど残らず夢心地のまま処置が終了できます。全身麻酔でないため日帰りの手術が可能になります。

歯科臨床は、当然のごとく生きた人間を相手にするものであります。私たちは、臨床生活で培った豊富な経験と最新の治療知識と技術をバックグラウンドに幅広い歯科臨床を常に実践しております。その治療成果は常にフィードバックされ科学論文という形で報告させて頂いております。

1986年
加藤歯科医院(東京都目黒区)中目黒駅前に開設。
1991年
大阪府富田林市に楠風台かとう歯科開設。
オッセオインテグレイティッドインプラント臨床を開始。
2007年
楠風台より富田林駅前本町に病院新築移転して名称をかとう歯科医院に変更。
インプラントセンター設立。
2009年
医療法人明新会 かとう歯科医院インプラントセンターに組織変更。
2010年
病院隣接地駐車場用地取得。用地造成後第2駐車場完成。
2013年
ドイツSirona社製 コーンビームCTガリレオスコンフォート導入。SIDEXISシステムによるX線院内システムオールデジタル化完了。インビザライン矯正システム導入。
2014年
加藤皓子歯科医師と加藤譲治歯科医師を非常勤歯科医師として診療に参画開始。

スタッフ紹介

ページトップへもどる
加藤 哲 歯科医師

加藤 哲

Satoshi Kato, DDS
日本大学山形高校卒
1982年
日本歯科大学歯学部卒(医)弘進会宮田歯科医院研修
元日本歯科大学講師 高橋秀治博士師事 元奥羽大学教授 岡本浩先生師事
1986年
東京都目黒区に加藤歯科医院開院
1991年
大阪府富田林市に楠風台かとう歯科開院
2007年
富田林市本町に移転。新病院建築。インプラントセンター設立
2008年
Angle Orthodontists (An International Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics), Clinical Implant Dentistry and Related Research, The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants, Consultant. AHA BLS instructor
2009年
医療法人に組織変更
2016年
台湾 高雄 (Kaohsiung in Taipei), Kaohsiung Exhibition Center で開催されたBIT’s 3rd Annual World Congress of Oral & Dental Medicine, Invited speaker 招待講演。
現在
富田林少年剣道練達会副師範 剣道6段
インプラントセンター剣道6段ドクターかとうの お堅いブログインプラントセンター剣道6段ドクターかとうの お堅いブログ Satoshi Kato's BlogSatoshi Kato's Blog Google+コミュニティ嗚呼歯科臨床研修医を主催Google+コミュニティ嗚呼歯科臨床研修医を主催

所属学会ほか

  • アカデミーオブオッセオインテグレーション Academy of Osseointegration 正会員active member, consultant
    ※このインプラント学会は世界最大です。
    アカデミーオブオッセオインテグレーション
  • 日本口腔インプラント学会 正会員
  • アカデミーオブオッセオインテグレーション Academy of Osseointegration 正会員active member, consultant
  • 日本オッセオインテグレーションアカデミー(Japanese Academy of Osseointegration JAO)正会員、理事、認定医 Active Member, Fellow and Certificated
    日本オッセオインテグレーションアカデミー
  • 日本成人矯正歯科学会会員
  • 日本審美歯科学会会員 2005年学術大会実行委員インプラント担当 Dr.ダリオアドルフィー招聘
  • 日本歯科大学歯学会、校友会会員
  • アライン社認定インビザラインドクター
  • 日本アンチエイジング歯科学会会員、認定医 Certificated、バクテリアセラピスト認定医 Bacteriotherapist Certificated
    2014年学会学術大会実行委員
  • オッセオインテグレーションスタデイークラブオブジャパン正会員

主な受講コース

1982~1986年
岡本浩先生歯周病コース受講
1989年
Gothenburg大学Drs.リンデ&ニーマン歯周病コース受講
1993年
Dr. Kesling Tip-edge矯正コース受講
1995年
Dr. Greenfield矯正コース受講
2000~2009年
マキシスインプラントインステイチュートアドバンスコース受講(波多野尚樹先生師事)
2012、2013年
(医)渡部会ザイゴマインプラント(頬骨インプラント)コース受講(渡部好造先生主催)
2015年
点滴療法研究会 鎌倉スピック医院にて点滴実技コース受講

発表掲載論文

  • Kato S, Kato M. Intrusion of molars with implants as anchorage: A report of two cases. Clin Implant Dent Relat Res 2006; 8(2): 100-106.
  • Kato S, Kato M. Moderately roughened- and roughened- surface implants used as rigid orthodontic anchorage: A case series. Clin Implant Dent Relat Res 2006; 8(2):87-94.
  • Kato S, Kato M. Molar Intrusion with implants using a bite plane appliance: A。。case report. Clin Implant Dent Relat Res 2010;12(1):48-54.
  • Kato S, Kato M, Hanamoto H. Subpontic tissue enlargement of the mandible following cross-arch fixed partial denture reconstruction: An 18-year follow-up. Int J Prosthodont 2010;23(3):243-245.
  • Kato S. Parotid swelling following implant surgery: a report of five cases. Int J oral Maxillofac Implants 2011;26:e5-e8.
  • 加藤 哲.補綴用インプラントをアンカーとして用いた限局矯正症例.佐藤元彦、竹内豊、亀田晃、酒井信夫編集。日本成人矯正学会編 成人矯正歯科治療。クインテッセンス出版株式会社、東京; 2014:196-199.
  • Kato S. Implant prosthesis with cobalt-chromium cylinder. Practice in prosthodontics (in Japanese) 2016;49:467-468.
  • 加藤 哲. コバルトクロムシリンダー. デンタルダイヤモンド2016;10:144-147.
加藤 通子 歯科医師

加藤 通子

Michiko Kato, DDS
大阪府立天王寺高校卒
1984年
日本大学松戸歯学部卒(医)弘進会宮田歯科医院研修 前昭和大学歯学部教授 向井美恵先生師事
1991年
大阪府富田林市 楠風台かとう歯科医院長
2007年~
かとう歯科医院インプラントセンター医院長
医療法人明新会かとう歯科医院インプラントセンター理事長
2015年
点滴療法研究会IVC 高濃度ビタミンC点滴療法認定医取得
2016年
アメリカ合衆国カンザス州ウィチタで開催されたIVC & Chronic illness Symposium参加 Riordan Clinicにて研修
2017年
カナダ トロントで開催された第46回国際オーソモレキュラー学会に参加研修
医療法人明新会みちこ先生のブログ医療法人明新会みちこ先生のブログ

所属学会 研究テーマ

  • 日本歯科医師会、大阪府歯科医師会、富田林歯科医師会会員
  • 日本口腔衛生学会会員
  • 日本小児歯科学会会員
  • 日本歯科審美学会会員、日本アンチエイジング歯科学会会員、Certificated 学会認定医、バクテリアセラピスト認定医 Bacteriotherapist Certificated
  • 美容口腔外科研究会(ヒアルロン酸、ボトックス、点滴注射療法) 認定医、オブザーバー、サイエンテイフィックアドバイザー
  • 点滴療法研究会マスターズクラブ会員 (会長 柳沢厚生先生) IVC高濃度ビタミンC点滴療法認定医
  • 小児の行動心理と栄養の関係
  • ドメスチックバイオレンスの小児歯科的兆候
  • 臨床小児歯科
  • アライン社認定インビザラインドクター
  • 2013年(医)渡部会ザイゴマインプラント(頬骨インプラント)コース受講(渡部好造先生主催)
  • 2015年点滴療法研究会 鎌倉スピック医院にて点滴実技コース受講
  • 国際オーソモレキュラー医学会会員

論文(共著)

  • 加藤通子、加藤 哲. インプラント1次手術において複オトガイ孔に遭遇した1症例. 第57回近畿北陸地区歯科医学大会雑誌;2005:102-103.
  • Kato S, Kato M. Intrusion of molars with implants as anchorage: A report of two cases. Clin Implant Dent Relat Res 2006; 8(2): 100-106.
  • Kato S, Kato M. Moderately roughened- and roughened- surface implants used as rigid orthodontic anchorage: A case series. Clin Implant Dent Relat Res 2006; 8(2):87-94.
  • Kato S, Kato M. Molar Intrusion with implants using a bite plane appliance: A。。case report. Clin Implant Dent Relat Res 2010;12(1):48-54.
  • Kato S, Kato M, Hanamoto H. Subpontic tissue enlargement of the mandible following cross-arch fixed partial denture reconstruction: An 18-year follow-up. Int J Prosthodont 2010;23(3):243-245.
  • Kato S. Parotid swelling following implant surgery: a report of five cases. Int J oral Maxillofa Implants 2011;26:e5-e8.
加藤 皓子 歯科医師

加藤 皓子

Hiroko Kato, DDS
初芝富田林高校卒
2012年
大阪歯科大学歯学部卒
2014年
大阪歯科大学付属病院で臨床研修終了、同年より大阪歯科大学歯科矯正学講座非常勤、医療法人明新会かとう歯科院非常勤
2016年
大阪歯科大学歯科矯正学講座基礎コース終了
2017年
インビザラインドクター
所属学会
日本矯正歯科学会、日本小児歯科学会、近畿東海矯正歯科学会
 
加藤 譲治 歯科医師

加藤 譲治

George Kato, DDS
初芝富田林高校卒
2013年
大阪歯科大学歯学部卒
2014年
大阪歯科大学付属病院で臨床研修終了、同年より大阪歯科大学高齢者歯科学講座非常勤、谷川歯科医院非常勤、医療法人明新会かとう歯科院非常勤
2016年
Malo Clinic Implant All-on4基礎Course受講
Malo Clinic 臨床Course受講
所属学会
日本老年歯科医学会
花本 博 歯科医師

花本 博

Hiroshi Hanamoto, DDS, PhD
2000年
広島大学歯学部卒
2004年
大阪大学大学院歯学研究科卒(歯科麻酔学)
2004年
大阪大学歯学部歯科麻酔学教室
2006年
母子センター
2006年
かとう歯科医院非常勤
2013年
非常勤退任 明新会かとう歯科医院インプラントセンターScientific Advisor就任
   
讃岐 拓郎 歯科医師

讃岐 拓郎

Takuro Sanuki, DDS, PhD
2004年
大阪歯科大学 卒業
2004年
大阪歯科大学 大学院 歯学研究科 歯科麻酔学専攻
2005年
京都市立病院 麻酔科 医科麻酔研修
2008年
大阪歯科大学 大学院 歯学研究科修了 博士 (歯学)
2008年
大阪歯科大学附属病院 歯科麻酔科 病院医員
2008年
大阪歯科大学 歯科麻酔学講座 助教
2012年
米国ピッツバーグ大学歯学部歯科麻酔科 留学
2013年
大阪歯科大学 歯科麻酔学講座 講師
2014年
長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 展開医療科学講座 歯科麻酔学分野 准教授
経験豊かな歯科衛生士、歯科助手、
歯科技工士があなたをサポートします

治療費について

ページトップへもどる

保険診療の場合はその規則に則って現金にてご負担頂きます。自費治療については銀行振り込み、あるいは現金にてお支払い頂きます。各種カードのよるお支払いも可能ですが、その場合予めカード支払いを希望と受付にお申し出下さい。各自費にて行う治療費は最高レベルでの治療を維持できる適正な価格を設定しております。

デンタルローンご希望の方はこちら