2017 ASIAN CARRIERE SYMPOSIUM 会場:マンダリンオリエンタルホテル東京

皓子先生と一緒に参加しました。学会は8;30から始まるため早起きして準備しなければなりません。

素晴らしいケースプレゼンテーションが続き休む暇もありません。素敵なカリエール先生、スペイン男性のエネルギーが伝わってきます。

東京開業のJohn Kaku先生は日本の先進的矯正歯科治療を常にリードしてきました。

いつもやさしく親切にご指導してくださいます。

熱狂的レクチャーに没頭するカリエール先生。カリエール先生はカリエール装置の考案者です。

ランチが豪華なので驚きました。ゴージャス!

楽しく勉強してきました。早速臨床に使えることをたくさん仕入れてきました。

2017年 子育て応援歯科が始動しました。初日からたくさんの患者さんにお会いできて嬉しい気持ちになりました。気持ちを新たにして頑張っていきます。遠慮なくなんでも相談してください。他人に聞かれたくないことでも相談室がありますから、お話うかがいます。

来院お待ちしています。

img_5791

img_5792

 

img_0181-%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3-2

<子供の味覚>

ピーマンは苦いから嫌い!子供は皆苦味のある野菜が苦手です。しかい甘いお菓子はムシャムシャ。

なぜなのでしょうか?それは子供が自分の身体を守り、成長するためなのです。植物にうっすらと苦味があるのは、自分が敵に食べられにくいようにしているからです。子供は体が弱いので、身を守りために苦味を敏感に感じ取ります。また同じ甘さなのに、子供にかき氷は、赤のイチゴ味がよく売れます。これも黄色や青のためものはまだ成熟しておらず、食べられないもの。そして酸っぱい味のものは腐敗や、まだ熟していないものと判断しているのです。身体を守るために子供の舌は苦味や酸味を敏感に感じるように出来ています。

更に大人と違い、子供は自分の体を大きく成長させるための栄養が多量に必要なので、お腹に貯まるお米やパンが好き。大人と同じ健康食カロリーの足りない子供は、隠れて高カロリーのお菓子を多量に食べてしまうことも。

大人と子供の味覚は違うもの。どうぞ焦らず、味や好みは成長とともに変わるものだと覚えておいてください。

<田北敏行先生 歯学センターの窓から no.97 2016.11 より引用>