「見た目」は資産になる 山田秀和さん(近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授、アンチエイジングセンター 副センター長)

お二人の先生の対談は非常に示唆に富んだものであり現代の人間の行動の源泉を示唆している。つまり見た目を気にしなかったら、その人の人生は生きていても終わっているのかもしれない。4つの資産はそれぞれ単独では存在し得なく、互いに連動していると思われるが、自分の人生を当てはめ、何が欠けているか?なぜいま状態になったか?を紐解く重要な視点かもしれない。歯科治療もその一端を担っているわけで、かとう歯科医院に来院される方も無意識にこの事実を認めているのであろう。以下二人の対談を読んでいただきたい。Aging Styleからの抜粋である。

次の写真は映画マイフェアレディの撮影風景である。あなたは自分の人生を自ら終わらせていませんか? 見た目で人生を変えてみませんか?マイフェアレデの花売り娘イライザのように。

アンチエイジング医学における「見た目」の大切さを提唱し、研究し続けている近畿大学医学部の山田秀和教授とAging Style編集長で形成外科医の塩谷信幸が「見た目」とアンチエイジングについて話し合いました。

as_20180222170305.jpg

塩谷 山田先生は、最近、研究会や講演会などで「人の見た目は資産になる」とおっしゃっています。どのようなお考えか教えていただけますか。

山田 人間には4つの資産があると考えています。1つ目は土地建物などの「経済的資産(エコノミック・キャピタル)」。2つ目は、学歴や資格などの「個人的資産(パーソナル・キャピタル)」。僕はそこに、既往歴や今、病気にかかっているかどうかも含めて考えています。会社でも、持病があるかないかが昇進に関わったりしますから。3つ目は、人脈などの「社会的資産(ソーシャル・キャピタル)」です。そして、4つ目は、美しさやスマートさといった「見た目」です。
きっかけは、英国の社会学者であるキャサリン・ハキムの『エロティック・キャピタル』という本でした。その中で「服装や顔の美しさなどはエロティック・キャピタルであり、見た目は第4の資産である」と書いていて、読んだときに「これだ!」と衝撃を受けました。

塩谷 「見た目」は経済資産などと同等の資産であるという考え方ですね。

山田 はい。僕は2005年からアンチエイジング医学に関わるようになりましたが、皮膚科では湿疹などで数百円の治療費で済む患者さんがいる一方で、美容外科ではシミのレーザー治療などで多額の治療費を払う患者さんもいます。
肌の治療という意味では同じなのに、金額の差がありすぎることに違和感を覚えることもありましたが、この本と出合い、目からウロコが落ちました。患者さんたちは、美しくなりたいという目的があって、お金で幸福を買っている。トータルで見ると、その人の「資産」として成り立つから、高くても、価値があると思えば治療をするんだと、納得したのです。

塩谷 なるほど。私は10年前に「形より心」という建前を取り払い、「見た目に市民権を与えたい」という気持ちで「見た目のアンチエイジング研究会」を始めました。研究を進めるうちに「見た目も健康の指標になる」というところまで発展しました。近年では、「見た目の市場価値」についても追求したいと思っています。今、先生が言われた第4の資産の中に、「見た目の市場価値」も入ってきますね。すぐに数値化できるかは別として、市場原理が働くには、経済学の手法をどこまで当てはめることができると思われますか。

山田 基本は資本主義の原理とつながっています。例えば、今やほとんどの女性がクリニックやエステで脱毛するようになりましたが、その背景には脱毛機器の性能がよくなり、量産できるようになったということがあります。そして、脱毛するほうが美しいと思わせる宣伝によって、みんなの意識が変わっていきます。ファッションや、化粧品と同じ感覚ですよね。全て、見た目を意識した経済原理の中で動いているのだと思います。

本人の努力次第で輝ける

塩谷 先生は見た目の美しさを左右する「容貌」には、何が影響するとお考えですか。

山田 約2割は遺伝子、約8割は環境因子によって決まると思っています。環境因子とは、運動、食事、精神を指します。そこに最近は、住環境や環境ホルモンといった因子も含めることにしました。化粧品、石けん、お風呂、騒音や空気などを全部含めてコントロールしたら、顔つきが変わってくるのではないかと考えているのです。それによって突然ものすごく美男・美女になることはないでしょうが、本人の努力次第で輝いて見える人にはなれると思っています。

塩谷 そうすると、あまり持って生まれた造作にこだわることはない?

山田秀和教授

山田秀和教授

山田 僕はそう思いますね。例えば、映画「マイ・フェア・レディ」のように環境や立ち居振る舞いを変えれば、人は素敵に見えてきます。映画がハッピーエンドだったように、現実の世界でも、環境や立ち居振る舞いは、持って生まれた容貌を超えることができると僕は信じています。

塩谷 逆に、造作の部分を直すことによって、性格も変わるということもありますよね。

山田 実際に顔を少し変えただけで、本人もやる気がでて性格が明るくなったり積極的になったりすることもあります。疾患を治したり標準値に近づけたりすることで、その人がマイナスと思っていたところをプラスに変えることができれば、資産になると思います。健康を見極めるには目ヂカラがポイント

塩谷 ところで、先生は診察時にも「見た目」を重要視されるそうですが、どのようなところを見ているのですか。

山田 最初に見るのは、目です。「目ヂカラ」は非常に重要だと思っています。健康な人は、脳がしっかりしている。脳がしっかりしているかどうかは、目ヂカラに表れます。

塩谷 白目が濁っているなども関係しますか?

山田 黄疸かどうかをチェックはしますが、白目の様子はあまり関係ありません。あとは、皮膚科医の立場から、肌や髪の毛の質をチェックしています。
そのほか、診察室にパッと入ってきたときの第一印象もチェックポイントです。ドアの開け方や歩き方、しゃべり方など、立ち居振る舞いも診察時の参考になります。これらは、東洋医学では、望診(ぼうしん)といわれ、昔から行われてきたことです。教科書には載っていないことですが、見た目や立ち居振る舞いも診察時の大切な要素だと思っています。

塩谷 最近の研究によって、見た目と病の関係が科学的に証明されてきたそうですね。

山田 目の動きで脳の病気が分かったり、耳のシワで動脈硬化のリスクが分かったりなど、見た目と健康の関わりが研究によって数値化できるようになってきました。典型的な例がお腹まわりのサイズで分かるメタボリックシンドロームです。ほかには、呼吸数や汗のかき方などで、人の心理状態まで分かるようにもなってきています。

塩谷 ほかに大切だと思っていることはありますか。

塩谷信幸編集長

塩谷信幸編集長

山田 僕は漢方も好きで、「養生」が大切だと思っています。養生とは、暴飲暴食を避け、規則正しい生活を心がけること。いつまでも健康で若々しくあるためには、運動、食事、精神が重要です。どのガイドラインにも示されていることですが、忘れられがちなのも事実です。

塩谷 2015年から食品の機能性表示制度が始まり、どの成分が体にどういいのかを商品に示せるようになったことで、私たちの食や栄養に対する意識も少しずつ変わろうとしています。結局は、美や健康のために、食や運動といったことが重要だという基本に立ち返ってきたということでしょうか。

山田 そうでしょうね。昔から、適度な運動をする、バランスの良い食事をとる、精神を鍛えることは、健康維持のために必須だといわれていましたから。

塩谷 貝原益軒の『養生訓』を改めて読むと、我々が提唱していることなども、多少、表現は違っていますが、江戸時代に益軒が言っていたことは多いですよね。

健康を見極めるには目ヂカラがポイント

塩谷 ところで、先生は診察時にも「見た目」を重要視されるそうですが、どのようなところを見ているのですか。

山田 最初に見るのは、目です。「目ヂカラ」は非常に重要だと思っています。健康な人は、脳がしっかりしている。脳がしっかりしているかどうかは、目ヂカラに表れます。

塩谷 白目が濁っているなども関係しますか?

山田 黄疸かどうかをチェックはしますが、白目の様子はあまり関係ありません。あとは、皮膚科医の立場から、肌や髪の毛の質をチェックしています。
そのほか、診察室にパッと入ってきたときの第一印象もチェックポイントです。ドアの開け方や歩き方、しゃべり方など、立ち居振る舞いも診察時の参考になります。これらは、東洋医学では、望診(ぼうしん)といわれ、昔から行われてきたことです。教科書には載っていないことですが、見た目や立ち居振る舞いも診察時の大切な要素だと思っています。

塩谷 最近の研究によって、見た目と病の関係が科学的に証明されてきたそうですね。

山田 目の動きで脳の病気が分かったり、耳のシワで動脈硬化のリスクが分かったりなど、見た目と健康の関わりが研究によって数値化できるようになってきました。典型的な例がお腹まわりのサイズで分かるメタボリックシンドロームです。ほかには、呼吸数や汗のかき方などで、人の心理状態まで分かるようにもなってきています。

塩谷 ほかに大切だと思っていることはありますか。

塩谷信幸編集長

塩谷信幸編集長

山田 僕は漢方も好きで、「養生」が大切だと思っています。養生とは、暴飲暴食を避け、規則正しい生活を心がけること。いつまでも健康で若々しくあるためには、運動、食事、精神が重要です。どのガイドラインにも示されていることですが、忘れられがちなのも事実です。

塩谷 2015年から食品の機能性表示制度が始まり、どの成分が体にどういいのかを商品に示せるようになったことで、私たちの食や栄養に対する意識も少しずつ変わろうとしています。結局は、美や健康のために、食や運動といったことが重要だという基本に立ち返ってきたということでしょうか。

山田 そうでしょうね。昔から、適度な運動をする、バランスの良い食事をとる、精神を鍛えることは、健康維持のために必須だといわれていましたから。

塩谷 貝原益軒の『養生訓』を改めて読むと、我々が提唱していることなども、多少、表現は違っていますが、江戸時代に益軒が言っていたことは多いですよね。

新しいツールと医療の連携の可能性

塩谷 先生は機械もお好きだから、最近のウェアラブル端末などもお使いになられていますか?

山田 アップルウォッチを使っています。何かすると褒めてくれるのがいいですね。アップルウォッチは、1時間座っていたら、「1時間座っていました。立ちましょう」と言ってくれる。それで立って少し動き回ったら、「よく頑張りましたね」と。それを1日12回ぐらいすると、「今日は達成しましたね」と褒めてくれるんです。続けるうえで声かけされることは大切なことだと思います。米国で行われたダイエットの比較研究でも、声かけをされたほうが、成績が良くなるという報告がありました。

塩谷 ウェアラブル端末とアンチエイジングとのつながりはあると思われますか。

山田 あると思います。たとえば、紫外線を正確に測定する装置が出てくれば、注意も向けられるし、どれだけブロックすればいいかも正確に分かります。すごく役立つと思います。

塩谷 なるほど。ほかにはどういうチェックポイントがありますか。

山田 血糖値も測れます。基本的には光を出して、皮膚から返ってくる反射を見るというのが一般的で、理論上は皮膚表面で計測ができるものなら何でも測れるはずです。

塩谷 そうすると、肌診断も簡単にできるようになるかもしれませんね。

山田 はい。それだけでなく、貧血や黄疸もチェックできます。糖化、酸化なども、分子を特定すれば測るのは比較的簡単ですから、アンチエイジング医学に役立つツールもそのうち出てくるのではないでしょうか。

塩谷 そういうツールが開発されたら、わざわざクリニックに行かなくてもよくなるかもしれませんね(笑)。

山田 ウェアラブル端末がもっと進化すれば、たとえば、マラソン中に心筋梗塞が起こる予兆をチェックしたり、どの人にそういう危険があるのかが位置情報で特定できたりしますよね。そうしたらそこへスタッフが急行する。そんなことも可能になるのかもしれません。

塩谷 あと、人の声を拾うこともできそうですね。あまり喋っていなかったら「もっとコミュニケーションをとろう」とウェアラブルにアドバイスされたりして。もっといくと、これは外交辞令か本音なのかまで分かってしまうかも(笑)。

山田 ウソ発見器のようなことはすでに行われているそうです。表情筋や瞳孔の動きで判断するそうです。日本人は目が黒いからあまり瞳孔の動きが分からないですが、目の色が薄い人は、瞳孔の動きがよく分かります。海外では、カラーコンタクトは、瞳孔の動きを隠すためにも用いられることがあります。

意識を継続させることが重要

塩谷 「見た目のアンチエイジング」には美しさや健康に注意を向けることの大切さがありますが、意識を継続させることも大切ですよね。

山田 自分自身に気遣っていると、見た目や健康だけでなく、仕事もきっとうまくいくのではないでしょうか。昔からよく言われる健康の秘訣「早寝早起き、朝ごはん」。それはすごく基本的なことですが、重要なのだと思います。

塩谷 自分の見た目を気遣う、意識するということが若さを維持するだけではなくて、生活にも仕事にも影響してくると考えると、やはりライフスタイルの中で常に実践していくことが大切と言えますね。

山田 そうですね。いつまでも若々しく健康でいるためには、「日々の健康管理は自分でする。それでも病気になってしまったらお医者さんへ」という考えのもと、セルフメディケーションを意識してほしいと思います。

塩谷 「見た目のアンチエイジング」は今後どうなっていくと思われますか。

山田 以前、ヨーロッパの医学系の出版社から、肌のエイジングに関する書籍を制作するので、寄稿してほしいという依頼がきました。そこで、「Appearance(見た目)について書かせてほしい」と言ってみたところ、通ったんです。少し前だったら、医学系の本に「見た目」というテーマで書くということは認められませんでした。確実に時代が変わってきていると思います。これからは、もっとサイエンスに基づく「見た目」の研究が深まっていくのではないでしょうか。

塩谷 本日は、ありがとうございました。

皮膚科 山田 秀和(やまだ ひでかず)

近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授・
近畿大学アンチエイジングセンター 副センター長

大阪府出身。近畿大学医学部卒業、同大学院修了。この間、大阪大学細胞工学センター(岸本忠三研)への国内留学、オーストリア政府給費生(ウィーン大学皮膚科、米国ベセスダNIH免疫学教室)等で研鑽を積む。近畿大学在外研究員(ウィーン大学)、近畿大学医学部奈良病院皮膚科助教授を経て現職。日本皮膚科学会専門医、日本東洋学会指導医、日本アレルギー学会指導医、日本抗加齢医学会専門医。

アレルギー等皮膚科領域はもちろん、その領域にとらわれず医療全分野の文献を研究、予防医学の観点から診療にあたる。文化人類学、社会学等にも造詣が深く、「日常に届く医療」の為の情報提供に尽力している。
2016年加齢皮膚医学研究会会長、2017年美容皮膚科学会会長を務めた。2018年第18回日本抗加齢医学会会長予定。

 

嬉しいことがありました。

ご高齢で総義歯では噛めないとのことで、インプラント治療を受けられた患者さんから感謝の手紙とプレゼントが届きました。患者さん人生に貢献できたことは歯科医師として最高の喜びであり、誇りです。

これからも、インプラント治療で噛めなくて困っている患者さんの人生を明るくしていきたいと決意を新たにしています。

手紙の一部を患者さんの了承を得て公開させていただきます。

 

 

病院外装工事終了しました。

工事中は駐車場の制限などご迷惑をおかけしました。

綺麗になるとなにか嬉しくなります。

今日は七夕あいにくの曇り空ですが、織姫さんひこ星さんに会えるといいですね。

2017年6月22日より約2週間の予定で医院外観と屋根の塗装工事を行います(7月7日までの予定)。

改装のための足場を設置するため医院1階駐車場をご利用の際にはバックする際いつもより狭くなっていますのでご注意ください。隣接する第2駐車場は従来通りご利用可能です。

診療は滞りなく行う予定です。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

インプラント手術をお受けになる患者さんの環境をよりよく改善できるように手術室の改装をおこないました。

天井や周囲の壁をすべて優しいグリーンにし患者 術者双方によりストレスの少ない環境とすることができました。患者さんのために明日からこの環境で手術を行います。

無理を言って工事を1日で仕上げてくれた インテリア林の林俊宏様を始めスタッフの方々にお礼を申し上げます。

 

2016年11月17−20日 台湾(Taipei)高雄(Kaohsiung)でBIT’s 3rd Annual world Congress of Oral & Dental Medicine 2016が開催され、招待講演者として参加いたしました。今回の演題は”Anatomical Landmarks for the Zygoma Implant Placement”

世界中の臨床家や研究者とお会いして、議論を通じて様々な考え方にふれました。また各国によって事情が全く異なることも身をもって実感することができました。

招待のパーティーで案内されたテーブルはたのしくユニークなテーブルでした。たくさんの友人ができ、今後情報交換の約束ができました。

招待講演はインプラントセクションでのものでした。若い先生方からベテランまで世界中の優秀な先生方と議論し楽しい時間を過ごすことができました。

台湾高雄の路上では広い道路を多くの車とバイクが走っており、バイクを運転する人は例外なくタオルで口と鼻を覆っていました。そのタオルが真っ黒くなっているのが印象的でした。路上を歩く人も必ずマスクをしていました。日本は冬へまっしぐらですが、ここはほとんど夏と変わりません。昼は気温30度以上になって夜は23度以下にはならないようでした。

招待講演や質疑応答はすべて英語で行われるため非常に緊張しました。かなり練習して臨んだので、結構スムーズに進行しました。終了後にはちょっと脱力してしまいました。

fullsizerender-1

座長はポーランドのDr. Piyuchが勤められ、親切な進行が印象的でした。体が大きく怖い顔に似合わず大変暖かな人柄を感じることができました。インプラントのクリニックを開業されている先生で私の講演内容が良かったとお褒めいただいて嬉しく思いました。

fullsizerender

私の一つ前の講演者のDr. Gaudilliere先生です。先生はこの若さでUSA Stanford University Assistant Clinical Professor です。どおりで優秀な先生だなーと思っていました。Dr. Gaudilliereから 先生の靴ベラを使った講演はとてもおもしろく印象的( interesting and very impressive)だったお褒めいただきました。会場から宿泊施設への帰り道二人で世間話をしながら帰っていきました。私がジョークを言うたびに大きな声で笑っていました。先生の子供のことや現在にいたる経緯など初対面なのにたくさんのことを話してくれました。先生またどこぞで見かけたら声をかけてくださいね。

img_5132

大会の会場となったKaohsiung Exhibition Centerの前での写真です。この写真はこの学会で偶然再会した日本歯科大学剣道部の一つ上の先輩である日本歯科大学新潟歯学部の新海航一教授に撮っていただいたものです。なんと35年ぶりの再会です。新海教授の招待講演の写真係を務めることになりました。逆に私が講演するときの写真係も頼むことになりました。教授に向かって写真係を頼める人はそういないと思います。剣道部の先輩後輩の関係はお良いものです。

img_5144 img_5193 img_5198

講演者テーブルお隣になったIcelandのRichiter教授夫妻。法医学者であり、歯科医であり臨床もしっかりやっておられるそうです。中華料理は苦手とおっしゃっていましたが、私がおいしいところを取り分けてさしあげたら、おいしいと言って喜んでいただきました。教授は法医学者特有の雰囲気を醸し出す先生でした。

img_5203

ロシアンマフィアの集団と間違えそうな先生方。私がテーブルに着いたときにはすでにワインをあけていて顔が真っ赤になっていました。ここの講演者テーブルが空いていたのは案内された人がみんな逃げてしまったのではと思いました。ウクライナのインプラント外科の有名な先生方でした。ロシアからですか?ときいたら ニエット ユークリン!と大きな声で答えてくれたのですがどうもわかりません。しばらく考えてそうか”Nieht Ukraine いいえウクライナからです”といったのかとようやくわかりました。いかつい姿とは違い人懐っこく善良な先生方でした。 Dr Klymentiv and Dr Shylenco from Ukraine, 世界は自分たちを中心に回っているという雰囲気でした。

img_5205

Prof Cazacu and his beautiful wife in Romania, Dr Elenbaas in USA. ルーマニアからのこの若さで教授のKazacu教授と左側に教授の美しい奥様 どうやら新婚のようで、アツアツです。右側がUSAで開業しているDr Elenbaas 先生。その経歴は華々しく歯科金属アレルギーの権威です。Kazacuは若いのに義理堅くパーティーでのお礼のメールをいただきました。弟さんが日本で仕事をしているそうです。

img_5211

ウクライナのDr Klymentiv先生に彼女(奥さん?)を紹介したいと無理やり他のテーブルに連れ出されました。彼女を自慢したいらしく、私はしょうがないのでpretty beautiful nice good coolなど思い出せる褒め言葉を動員させて褒めてあげたら満足したようです。

img_5221

Prof Wong in Taipei. 台湾の王教授 高雄にある大学で名前は忘れました。先生はビジネスマンでもありバイオテクノロジー会社の社長でもあります。話していくうちに王教授は1958年生まれ。私は1957年生まれ そして新海教授は1956年生まれですので兄弟のようだと酔っ払って盛り上がりました。酒のうえでの兄弟の契りを結びました?

img_5223

どんなときでもパーティー中でも質問に真剣に答える新海教授。さすがです。いろいろな英語がでてくるので大変だと思います。人のことはいえませんがやはり英語なまりがあるようです。

img_5291

いろいろな事情でインプラントができない患者さんもがっかりすることはありません。

総義歯でも綺麗になることができます。この義歯は黄金色のチタン金属で見ているだけでハッピーな気分になります。人工歯はセラミック製 いつまでも変色せずに綺麗です。

つけ心地もよくぴったりと吸い付きますから安心して食べられます。

義歯でお困りの方も気軽にご相談ください。

dsc_7542 img_2008-%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3-2

IMG_4586IMG_4584

Orringer Retractorがやっと届きました。国内で探しましたが見つからずアメリカのインプラント器具通販サイトのsalvin.com に注文しました。今回は3個まとめて買ってみました。かとう歯科医院ではすべてのインプラント手術はビデオ撮影されます。その際術野がなかなか見えににくくなりいろいろ改善しそれなりの効果はありましたが今ひとつ満足できませんでした。かつてどこかで目にしたRetractorを思い出し探しました。どうやらOrringer Retractoirであるらしいことがわかって国内をさがしましたが見つからないで落胆していました。以前購入したことのあるsalvin.comを思い出しサクセスしたところありましたありました。このretractorに期待することは

1)ビデオ撮影の際のよりよい視野の確保

2)開口器も同時に使いえるのではないか

3)ザイゴマオペの際の口唇圧排の効果があるのでは

4)下顎フル症例のよりよい視野の確保

5)矯正の臼歯部のブラケットやチューブ接着の際のやりやすさ

などが期待されます。実際に使用して感想など報告させていただきます。

P.S. 器具の送料が器具1個分に相当するのにはまいりました。でもここでしか手に入らなかったので購入しました。

 

かとう歯科医院のセキュリティーをセコムデジタルカメラ6台を配置することにより一層強化されました。これまでは4台の配置でしたが周囲状況の変化によりセキュリティーシステムをグレードアップ一新しました。これにより

1)より安全な環境で患者さんをお迎えできること。

2)待合室カメラによるやり取りの把握

3)医院周囲をより精密に把握できるようになり公共機関へ正確な情報提供が可能になったこと。

4)事故を未然に防ぐ

など効果が期待されます。

IMG_4559 IMG_4556 IMG_4555