他院でインプラントができないと言われた方のほとんどが、当院でインプラントの治療を完了しています。
一般的なインプラントは、あごの骨に埋入します。歯が抜けたまま長い期間、放置していたり入れ歯の使用が長い方などは、あごの骨が痩せていることが多くインプラントの埋入ができないことがあります。そのため「インプラントができません」と断られるのです。
ですが、当院が行っているザイゴマインプラント治療は頬骨(ザイゴマ)に埋入・固定するため、あごの骨が痩せていてもインプラント治療ができる可能性が高いのです。

ザイゴマインプラントは、あごの骨に埋入する一般的なインプラントに比べ、長いインプラントを頬骨に正確な位置・角度で埋め込む必要があり、とても高度な技術が求められます。その高度さゆえに、この治療法を日本で取り入れている医院は数えるほどしかなく、わざわざ遠方の都道府県から当院へ治療にお越しになる患者様がいらっしゃるくらいです。

当院では、難症例を含め開業以来約30年の治療データを保有しており、オールオン4のインプラントをはじめザイゴマインプラントに関する技術向上のために手術器具の開発も積極的に行っています。インプラントにおいては、世界でも3大インプラントメーカーと言われるノーベルバイオケア社、ストローマン社、アストラテック社という歴史と実績のあるメーカーのみを使用しており、患者様の症例に応じ採用しています。
施術についても、インプラント専用の手術室で麻酔専門医による静脈鎮静下での手術を行うなど設備・環境を整えています。

Previous
Next

当院の施設

1

骨の移植
などが不要

2

治療期間が
短縮できる

3

治療回数が
少ない

あご骨が痩せている場合の一般的なインプラントは、骨を移植するなど骨の造成処置が必要で、骨が定着するまで少なくても6ヶ月かかります。その後、インプラントを埋め込んでもインプラントが骨にくっつくまでさらに数ヶ月かかるなど、長い期間を要します。
ですが、ザイゴマインプラントの治療は従来の3分の1ほどの期間で終了できます。また、治療の回数も比較的少なく済むのも大きな特長です。

美容に欠かせない栄養としてビタミンやコラーゲンがよく知られていますが、これらの栄養素がインプラントの術後の回復を促すものとして注目されているのをご存知でしょうか。
当院では、インプラントの手術をされる患者様には、傷の治りや回復をサポートするビタミン点滴を実施しています。また患者様の健康状態などを診て必要に応じ、骨の治癒を促すためのビタミンやアミノ酸が摂取できるオーソコラーゲン(※)といったミディカルサプリメントを処方しています。

※オーソコラーゲンは、当院で商標登録を取得しています

よくある質問

当院の手術では上の歯で1日、下の歯で1日、合計2日で上下の仮歯の装着と最終的な歯の準備が完了します。最終的な歯は手術から2週間以降を目安に装着されます。近年は、マスクをしている間に治療を終えたいと言われる患者様の来院が増えています。

患者様の口の中や歯の状態を診察してからの判断になりますが、抜歯しなくてもインプラントができる方法もあります。まずはご相談ください。

その場合でも大丈夫です。患者様の症状などによって一般的なインプラントで大丈夫な場合とザイゴマインプラントが良い場合などがございます。当院にお越しの際に、お口の中・歯の状態を診察して最適な治療法を提案させていただきます。

もちろん大丈夫です。診察のうえ改善方法を提案させていただきますので、その内容を聞いてご判断ください。

当院では20代〜70代といった様々な年齢層の方々にご来院いただいています。治療については個人の体質や健康状態によって異なるため、若いから、高齢だから、ということはありません。

当院の外観

歯医者ですので当然ながら歯の治療をしていますが、一番の目的は患者様に喜んでもらうことです。インプラントなどで歯の状態は改善されますが、それは快適な日常を手に入れるため、幸せになるための手段にすぎません。
症状はそれぞれ違うため患者様が、何を求めているのか、どうなりたいのかじっくりお話を伺って最適な治療ができるよう治療計画を提案しています。
お気軽にご相談ください。

医療法人明新会
かとう歯科医院インプラント矯正センター
〒584-0093 大阪府富田林市本町4-17

Tel 0721-20-1000

Fax 0721-20-0721
診療時間 9:00~13:00、15:00~19:00(月~土曜)
休診日:日曜、木曜、祝祭日

© Kato Dental Clinic