点滴療法研究会 10周年記念特別セミナー リオルダンIVCアカデミーで最新情報を勉強してきました。

IVCとは静脈からの点滴でビタミンCを体に入れる治療法で ”副作用のいない薬”として様々な疾患の新しい治療法として世界中で(日本以外)で注目されています。

ご興味ございましたら ”Riordan Clinic” で検索してみてください。英語ですが多くの本当の情報が得られると思います。基本的治療概念は”オーソモレキュラーOrhtomolecule” 正しい(体の細胞の)分子 という意味でノーベル賞を2度受賞したDr. Linus Pauling ライナスポーリング博士の提唱した概念です。体 すなわち細胞に正しい栄養を与え体の病気や偏重を治していこう ということです。その中の一環として高濃度のビタミンC、その他必要と思われる栄養素をを静脈を通して補給して細胞の状態を良くし、疾患を治癒に導く治療法が”IVC”と呼ばれています。講師は点滴療法研究会会長 柳沢厚生先生(来年の国際オーソモレキュラー医学会は例年カナダトロントで開催されるのですが2018年の大会は東京で開催されます) リオルダンクリニックのロナルドハニハイキ先生そしてトーマスレヴィ先生です。

ハニハイキ先生はアメリカ、カンザス州、Wichitaのリオルダンクリニックに研修にお邪魔した時、自宅に呼んでくださいました。そこでオーガニックのランチをご馳走になり、奥様も一緒に楽しい時間を過ごさせていただいた思い出の先生です。いつも質問にはやさしくわかりやすく答えてくださいます。

右端はレビ先生で、医者であり弁護士でもありまた数多くのオーソモレキュラーの関する著書を書いていらっしゃるスーパードクターです。今回新しい著書を出版なさるそうで、日本語訳をやってくれないかとう打診があり、困ってしまいました。今度その本を送ってくださることになりました。楽しみです。

先生方の講義はすばらしいものでした。これから、歯科医療を含めて医療界全体に大きなインパクトを与えつずけることになるでしょう。

高濃度ビタミンC点滴療法はしっかりとしたエビデンスのある、一治療法であって、けっして民間療法ではありません。マスコミを始め、医者の中にもこの療法について民間療法、いい加減な治療法と言ってくる悲しい現実がありますが、誤解のないようにお願いします。ただししっかりと正しい治療方法を学んだ 点滴療法研究会IVC認定のいる医療機関での治療をお勧めいおたします。

このランチとしてでてきたオーガニックのお弁当は素晴らしいものでした。

健康はまず”食べ物から” 現代社会では推奨されるカロリーでのお食事では ビタミンやミネラルなど”質的栄養不良”をおこしやすので、不足分をサプリメントや点滴療法で補うのです。