よくある質問

かとう歯科医院のスタッフがお答えする インプラント治療、マウスピース矯正、美容口腔に関するQ&A。

インプラント治療

かとう歯科医院のインプラント手術は、麻酔専門医の静脈内鎮静法のもと局所麻酔下で埋入されるため、術中痛みを感じることははありません。術後は数日間腫れることもあります。また術後の痛みが、少し出ることがありますが鎮痛剤で対処可能であることがほとんどです。

必要な歯の本数、その方の骨の状態などによって変わってきますが、大体の目安を料金表に記載しておりますのでご参考にしてください。

 

インプラントと骨が結合するのに2~3ヶ月かかりますのでそのくらいの期間であることが一般的です。骨造成や骨移植が必要な場合は規模に応じて6~12ヶ月かかる場合もございます。

治療費のローンについてはかとう歯科医院と提携している歯科治療専用のデンタルローンをご利用可能です。またクレジットカードによるお支払いも可能です。

かとう歯科医院では複数のデンタルローンの取り扱いをしておりますが、審査時間が一番短いものはアプラスによるデンタルローン審査です。当院であなたの携帯からお申し込みいただきます。申込が完了してから約10分ほどで電話連絡が当医院にきてご本人様に変わり治療を受ける意思確認をして終了です。最長7年の分割払いが可能で200万円ですと月払いは約3万円が目安です。

ご心配には及びません。かとう歯科医院インプラントセンターでは当たり前のことですが患者さんのプライバシーを固くお守りします。この点に関してのスタッフ教育は特に重視しております。お身内と言われる方がたにも本人ご同伴でなければ内容の説明は行いません。またマスコミの当医院への興味本位の取材などはすべてお断りしております。

予約いただければ、来院当日に治療計画、治療期間、治療費見積もりまで行います。治療委任いただければ治療計画に沿った予定が組み立てられます。当院にはテレビなどでご活用いただいている患者さんが多数お見えになっていますが、患者様一人一人プライバシーは守り有名人来院を広告宣伝に使うことなどは一医療機関として決していたしません。

オールセラミック

詰める治療の場合はインレー、被せる治療の場合はクラウンとよばれ、それぞれ料金が違います。治療したい歯の本数と料金表を照らし合わせて参考にしていただければと思います。

セラミックは割れることがあります。ただ天然の歯も割れることがあり、過度の力がかかった時に割れない材料で歯を修復することにより歯根にダメージが加わるリスクがあるため、必要な性質です。また強度は歯よりも強い材料がほとんどです。

 

 

治療費のローンについてはかとう歯科医院と提携している歯科治療専用のデンタルローンをご利用可能です。またクレジットカードによるお支払いも可能です。

残念ながら全て保険外治療になります。保険治療でのオールセラミッック治療はできません。

かとう歯科医院では複数のデンタルローンの取り扱いをしておりますが、審査時間が一番短いものはアプラスによるデンタルローン審査です。当院であなたの携帯からお申し込みいただきます。申込が完了してから約10分ほどで電話連絡が当医院にきてご本人様に変わり治療を受ける意思確認をして終了です。最長7年の分割払いが可能で200万円ですと月払いは約3万円が目安です。

ご心配には及びません。かとう歯科医院インプラントセンターでは当たり前のことですが患者さんのプライバシーを固くお守りします。この点に関してのスタッフ教育は特に重視しております。お身内と言われる方がたにも本人ご同伴でなければ内容の説明は行いません。またマスコミの当医院への興味本位の取材などはすべてお断りしております。

予約いただければ、来院当日に治療計画、治療期間、治療費見積もりまで行います。治療委任いただければ治療計画に沿った予定が組み立てられます。当院にはテレビなどでご活用いただいている患者さんが多数お見えになっていますが、患者様一人一人プライバシーは守り有名人来院を広告宣伝に使うことなどは一医療機関として決していたしません。

現在は前歯、小臼歯、第一大臼歯までがハイブリッドレジンのCAD/CAM冠の適応になっています。詳しくは保険適応の白い歯をご覧ください。

ホワイトニング

歯を削らずに白くする歯のホワイトニングを当院では開発当初より試行錯誤しながら取り組んでまいりました。当院では診療室で行うオフィスホワイトニングを行っております。経験豊かな歯科医師、歯科衛生士が施いたしますので安心してお受けいただけます。歯科治療の項のホワイトニングをご参照ください。

マウスピース矯正

ほとんどの場合マウスピース矯正は可能です。状態によっては一部固定型の装置を併用する場合がございます。

乳歯と永久歯が混在する混合歯列期からマウスピース矯正が可能です。この時期を側方歯群交換期と呼び歯槽骨発育の最後の時期にあたるため、非抜歯で治療を行うためにかとう歯科医院ではこの時期からのマウスピース治療を始めて治療効果を上げています。これら治療分野ではかとう歯科医院は世界に先駆けてのパイオニアです。矯正歯科医の中には永久歯萌出後の矯正治療を勧める場合が多いのですが、乳歯の時期から治療介入することによって永久歯抜歯を回避できる場合が多いのです。

治療費のローンについてはかとう歯科医院と提携している歯科治療専用のデンタルローンをご利用可能です。またクレジットカードによるお支払いも可能です。

かとう歯科医院のインビザライン治療とブラケットを使用する従来矯正の治療期間はほぼ変わりません。マウスピースもブラケットも歯を移動させるための手段です。ただマウスピースは自分で装着する必要があるので、つける時間が短ければ期間は長くなります。

”嘔吐反射(えづく)がひどくて歯形を取るのが苦手です” このような理由で矯正治療をためらっています。このような相談を受けることが多くなってきました。

かとう歯科医院では、インビザライン矯正の歯形取りは従来のお口にネバネバ材料入れて固まるのを待ってとるアナログ歯形取りから、iTero element という世界最新のデジタルスキャナーによるお口の中をカメラによるスキャンでのデジタル歯形取りになっています。

このデジタル印象により えづく従来の歯形取りで対応できなかった患者さんに快適に治療を受けていただけるようになりました。ほかにもデジタル化により画面で直接口の中の状態を確認できますので、歯形失敗によるもう一度とりなおしがなくなりました。その他患者さんに多くのメリットがあります。

さあ 最新の iTero element デジタル印象でインビザライン矯正をはじめてみませんか?

かとう歯科医院では複数のデンタルローンの取り扱いをしておりますが、審査時間が一番短いものはアプラスによるデンタルローン審査です。当院であなたの携帯からお申し込みいただきます。申込が完了してから約10分ほどで電話連絡が当医院にきてご本人様に変わり治療を受ける意思確認をして終了です。最長7年の分割払いが可能で200万円ですと月払いは約3万円が目安です。

小さな子供は慣れない環境に行けば泣くのは当たり前です。何度も来院するうちに待合室や人、機械などの自然に慣れていきます。ある年齢がくるまでは泣いて全く出来なった子供たちがある時を境に立派に治療が受けられるようになることをたくさんの患者さんで経験しています。

ある程度時間がかかることを念頭において対応しお子様を長い目で小児歯科診療をお受けになることを考えられればよろしいかと思います。

わんわん泣いていた子供が、次第に成長し、今ではりっぱに矯正治療を受けている小児歯科の患者さんがたくさんおられます。

まずお子さんを連れて来院してください。まずできることから始めていきます。

https://katosika.dental/efforts/

 

img_0181-%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3-2

小児歯科

小さな子供は慣れない環境に行けば泣くのは当たり前です。何度も来院するうちに待合室や人、機械などの自然に慣れていきます。ある年齢がくるまでは泣いて全く出来なった子供たちがある時を境に立派に治療が受けられるようになることをたくさんの患者さんで経験しています。

ある程度時間がかかることを念頭において対応しお子様を長い目で小児歯科診療をお受けになることを考えられればよろしいかと思います。

わんわん泣いていた子供が、次第に成長し、今ではりっぱに矯正治療を受けている小児歯科の患者さんがたくさんおられます。

まずお子さんを連れて来院してください。まずできることから始めていきます。

https://katosika.dental/efforts/

 

img_0181-%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3-2

子供の乳歯はどうせ生え替わるからと思って虫歯を放置していませんか? 虫歯のところにはたくさんの細菌が繁殖し他の歯へ虫歯を移していきます。早い段階での処置はこの細菌の滞留や繁殖を最小限にすることが可能になります。

不幸にして虫歯が痛みだしたら歯髄とよばれる歯の中心部まで虫歯が進行していることが考えられます。ここまでくると痛みを除き治療をしても後続の永久歯へ様々な影響を与えることになります(永久歯の歯並びが悪くなります)

定期的に虫歯をチェックしてスムーズに永久歯の交換を湯どうすることが理想的です。

当院ホームページ下記リンク是非ご覧ください。

https://katosika.dental/efforts/

点滴注射療法

高濃度ビタミンC点滴療法をなんらかの理由で受けられない人のために飲む点滴療法と言われているリポカプセルビタミンCをご紹介いたします。1包にビタミンC1グラム(レモン50個分のビタミンCに相当)含まれていてしかも吸収率が98%と言われています(リポカプセル処理されていないビタミンCは相当量体内に入らず排泄されてしまうと言われています)。以上の理由で点滴がなかなかできない方にはリポカプセルビタミンCをお勧めいたします。ただし、妥協的なものであり、あくまで高濃度ビタミンC点滴の補助療法と考えていただいてよろしいかと思います。

点滴の頻度および投与量は担当医とご相談ください。

症状や目的により異なりますが、疾病予防、身体機能改善の場合は週1回から3週1回くらいの方が多いようです。

美容口腔外科

点滴の頻度および投与量は担当医とご相談ください。

症状や目的により異なりますが、疾病予防、身体機能改善の場合は週1回から3週1回くらいの方が多いようです。