美容&点滴療法

ガミースマイルの改善

ガミースマイルとは歯茎が見えすぎてしまう笑顔のことで、悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。一口にガミースマイルと言っても原因が様々なので、それに対する処置は違ってきます。

① 歯が通常より埋まりすぎている

歯の見えている範囲が小さすぎる場合、余分な歯肉を切除して歯を長くします。また歯肉は歯の埋まっている骨に対してついてくるので骨の削除も必要になってきます(歯冠長延長術)。

② 唇が上がりすぎてしまう

唇の裏の空間が広すぎて唇が上がりすぎて歯茎が見えている場合、その部分を切除して唇が上がりにくくします(リップポジショニング)。ボトックス注射によって筋肉の動きを制限する方法もありますが数ヶ月で効果がなくなってしまいます。

③ 歯の位置によるもの

歯の位置が下にありすぎることによって歯茎が見えている場合、矯正治療によって歯を圧下して改善します。

④ 病的な歯の移動によるもの

 重度の歯周病による歯の移動などが伴う場合、歯を抜かずに改善するのは難しいのでインプラントによるAll-on4などの処置によって改善します。

⑤ 元々の歯が短すぎる

 歯が短いために歯茎が相対的に広く見える場合、セラミックのかぶせものによって改善します。

ホワイトニング

ホワイトニング施述風景

高品質のホワイトニングを低価格で安心してお受けいただけます。

歯を削らずに白くしたいという方、ホワイトニングに興味がある、やってみたいという方多いのではないでしょうか?ホワイトニングは薬剤を使い、歯を脱色して白くする方法です。当院で行われているオフィスホワイトニングでは、歯科医師の管理の元、専用の薬剤、機械を使いすべての処置が院内で完了します。 セルフホワイトニングやエステ店などで行われているホワイトニングは、国家資格を持つ歯科医師・歯科衛生士がいる歯科医院ではないので、医薬部外品のポリリン酸や重曹などしか使うことができません。これらは効果が非常に低く、本来のホワイトニングとは全く異なりますので注意が必要です。かとう歯科医院では、国家資格を持つ歯科医師・歯科衛生士が施術いたします。高品質のホワイトニングを低価格で安心してお受けいただけます。

診断、説明現在の歯の色や、表面の着色の程度、虫歯がないかなどを診断させて頂き、ホワイトニングについての説明をします。
施術1回の施術で以下の操作を複数回繰り返し1時間半程度かかります。
① 薬剤を歯の表面に塗ります。

② 専用の機械を使い、光を当てます。

③ 薬剤を除去し、表面を研磨します。
経過観察後日歯の色の経過をみます。もっと白くしたい場合は再度施術を行います。
費用
2016年6月現在
オフィスホワイトニング上下顎前歯12本まで
1回の施術料金
¥20,000+消費税

対応クレジットカード

点滴注射療法について

お口からの栄養補給はすべての栄養が体に取り込まれるわけではありません。
例えばビタミンCは小量(1日200㎎程度)であれば90%吸収されますが1日1000㎎程度で50%、そこから量が増えるとどんどん下がっていきます。
そうした栄養を補うことで健康や美容の大きな手助けになります。
いずれも使用するのは体に元々存在する栄養素で、副作用はほとんど見られないものばかりです。

高濃度ビタミンC点滴

当院の高濃度ビタミンC点滴療法は30年近く歴史のあるリオルダン高濃度ビタミンC点滴プロトコールと点滴療法研究会の指針に基づいて治療計画を立てています。
信頼性の高いマイラン社製アスコルビン酸(ビタミンC)25gを点滴いたします。
インプラント手術後の治癒促進にも著しい効果がみられます。

高濃度ビタミンCの効果

※点滴時間は30〜40分が目安です。頻度は患者様の症状により異なります。

マイヤーズカクテル

アメリカのDrジョンマイヤーズが30年以上にわたり喘息、慢性疲労、うつ病の患者に対してビタミン、ミネラルの点滴療法で効果をあげていた方法を元に作られた点滴法です。当院のマイヤーズカクテル点滴療法は点滴療法研究会の指針に基づいて治療計画を立てています。繊維筋痛症、慢性疲労、感冒、気管支喘息、偏頭痛、耳鳴り、その他多くの症状に効果が期待されています。 また不足している栄養素を補給することでアンチエイジングに効果があります。

プラセンタ

プラセンタ注射療法

 ヒト胎盤抽出エキスを投与することによって 様々な症状に効果があります。 ラエンネックとメルスモンという注射液を適宜使い分けています。

プラセンタ化粧品

 院長加藤通子愛用のプラセンタ美容液も取り扱いしております。当院でご購入の他にネットショップでもご購入いただけます。

注入療法について

しわやたるみにはヒアルロン酸、エラが張っている場合はボトックスを注入することによってお口の周りの悩みも解決します。

症例

60代女性、歯の治療後に注入療法を希望されました。

気になっていたポイントは深いほうれい線、マリオネットライン、オトガイ部(顎先)の梅干し、唇のボリュームの減少などです。

ヒアルロン酸でほうれい線やマリオネットラインを浅くし、唇のボリュームを増加させ、ボトックスでオトガイ部のうめぼしとシワやたるみを改善しました。 更にプラセンタ注射や高濃度ビタミンⅭ点滴によって体の内側からも綺麗になっています。