IMG_5374

76歳男性の患者さん。以前他医院で入れた上顎奥歯のインプラントがグラグラで噛めない状態と前歯から膿がでてきて気持ちが悪いのをなんとかしてほしいと来院されました。

治療計画は

1)保存できないインプラントの除去

2)前歯の抜歯(全て同日に行う)

3)最適な見た目を現実化するための骨整形(スマイルで最適な歯の露出を演出します)

4)4本のインプラント埋入手術

5)手術と同時に調整したインプラント固定の義歯を装着する(オールオン4コンセプト)

手術開始からインプラント固定義歯装着まで2時間半でした。患者さんは久しぶりに入ったしっかりとした義歯に非常に喜んでいただきました。

写真は上から術後のレントゲン 4本の長いインプラントが確実に鼻腔底に入っているのが認められます。最小の本数で最大の効果を実現します!

このように抜歯からインプラント手術とインプラント義歯装着まで1回で行うと何度も医院似通っての治療を避けることができるのと即日に歯があることで社会復帰が翌日から可能ということです。また全ての処置を静脈内鎮静法下で行うため無用なストレスを患者さんに与えなくて済みます。74歳の年齢は男盛、まだまだこれからしっかりと美味しいものをいただいて仕事をがんばってくださいね。

かとう歯科医院ではさらにインプラント手術後の経過を改善し創傷治癒を早めるために高圧酸素療の実践を視野にいれております。高圧酸素室に約1時間ほど入ってもらう治療法です。有名サッカー選手や野球選手が使用していることで有名になりました。これについてはまたご報告させていただきます。

駐c_栄_20160820_12518 DSC_7440 IMG_1936 - バージョン 2