マイクロスコープ歯内治療

マイクロスコープとは

インビザライン治療のアタッチメントの確認に使用している写真
歯科用手術顕微鏡と呼ばれ、その名の通り術野を拡大して見ることのできる器具です。拡大鏡(ルーペ)に比べ拡大率が高く(最大20倍程度)、レンズから直接光が出るため、今まで見えていなかった部分まで鮮明に見ることができます。固定式であるため、状況に応じて動きやすいルーペと使い分けて使用していきます。

マイクロスコープによる歯内治療

拡大下で根管内にあった破折器具を除去した写真

歯内治療とは歯の神経があった場所(根管)をきれいにして封鎖していく作業です。根管の中は実際には肉眼では見ることができず、従来は経験的、理論的な治療として行われていました。マイクロスコープの登場により、それが可視化されたことによってより余計に削らない、取り残しの少ない治療が可能になっています。

ラバーダム防湿

ノンラテックスシートにより隔離、歯内治療の準備を行った写真

マイクロスコープによる歯内治療には不可欠な環境を作るための、歯を隔離する方法です。ゴムのシートを歯にかぶせることによって唾液の侵入などを防ぎます。(天然ゴムにアレルギーのある人のためにノンラテックスのものも用意しております)

信頼のカールツァイス社製

当院ではドイツのカールツァイス社製マイクロスコープを導入しております。医科の転用ではなく歯科専用として開発されたものを使用しています。

外科的歯内治療

根管の途中で穿孔していた部分の感染源を除去し、MTAにて封鎖

根管の形状は複雑で根の先に分岐があったり歯の上部からの治療では限界があります。根の先を切断して感染源を除去する歯根端切除術などの外科的な処置も行っています。

きちんとした家を建てるにはしっかりした基礎が必要なように、歯を残すには土台となる歯内治療が確実に行われている必要があります。当院では診断、処置に充分な時間を確保して診療にあたっております。