IMG_4581

今日のインプラントオペは右下臼歯部抜歯即時インプラント埋入とGBRを併用し粘膜下でインプラントと周囲組織の治癒を静かに待つ方法です。この症例の場合は即時荷重が困難な症例と思われました。抜歯窩へのインプラント埋入には特別な配慮が必要です。第一には初期固定とインプラント方向の問題です。口蓋舌側の抜歯窩斜面にドリリングの始点を置くことが多いのですがこの始点の位置が狂いますとあとの操作が困難になる場合もあるので注意深く選択する必要があります。私の場合はプレシージョンドリルで始点を真横に開けしれから深くなるにしたがって望まれる方向に修正しながらドリリングする方法を行っています。この方法で行うと抜歯窩を崩してしまうことが少ないようです。

今日のオペは執刀医1名清潔係2名不潔係2名麻酔医1名合計6名の体制で行われました。