インプラント手術をお受けになる患者さんの環境をよりよく改善できるように手術室の改装をおこないました。

天井や周囲の壁をすべて優しいグリーンにし患者 術者双方によりストレスの少ない環境とすることができました。患者さんのために明日からこの環境で手術を行います。

無理を言って工事を1日で仕上げてくれた インテリア林の林俊宏様を始めスタッフの方々にお礼を申し上げます。

 

2017年6月4日に行われたノーベルバイオケアー東京品川研修室で開催された”インプラント補綴ベイシックコース”に参加しました。講師は八戸市開業の夏堀礼二先生です。とてもわかりやすい解説で明日からすぐに応用できそうなことを沢山持ち帰ることができました。

コースは1日みっちりと行われ 主に実習が中心です。夏堀先生そしてノーベルバイオケアースタッフの皆様お世話になりました。昼食のお弁当も美味しかったです。

偶然大学の先輩とも会うことができて楽しく1日を過ごすことができました。

ORCインプラントクリニック大磯開院記念ライブセミナーへ参加いたしました。患者さんのためになるたくさんの情報満載でした。安藤正美先生、東海林博子先生大変お世話になりました。セミナー参加したたくさんの先生方のエネルギーを感じたセミナーでした。素晴らしい世界でも指折りのハイブリッド手術室です。大変勉強になりました。詳しくはアメーバブログをごらんください。http://ameblo.jp/kosodate-ouen-sika/entry-12274896864.html?frm_src=favoritemail

2017年3月5日 東京白金の北里大学でUCLA Implant Association Japan 2017講演会が行われました。講演は慶応大学耳鼻咽喉科の准教授 國弘幸伸先生東京医科歯科大学インプラント外来臨床教授 菅井敏郎先生と豪華メンバーで行われました。歯科インプラントは副鼻腔の一つである上顎洞の知識が不可欠なので耳鼻咽喉科の立場からの講演と内視鏡手術の実際は非常にためになりました。名古屋から参加された吉行喜久雄先生と帰りの新幹線の中で議論しながら楽しく過ごさせていただきました。ダンディー菅井はさらにパワーアップしているようです。参加させていただきましてありがとうございました。

2月インプラント相談会を実施しております。

この期間ご契約の患者様には””うれしい特典をご用意しています。

インプラント治療の進歩は目覚ましく進歩しております。安全に、痛くなく,速くをもっとうに26年にわたりインプラント治療で貢献してまいりました。お気軽にご相談ください。

電話 0721-20-1000 ご予約お待ちしています。

20161215_170850

12/15 木曜日 東京都中央区銀座にあるマロクリニック東京で行われたオールオン4ライブオペ1日研修を受講しました。午前午後とそれぞれ上顎下顎症例を研修しました。大変参考になりました。早速帰って役立てようと思います。東京は寒かったです。

下顎臼歯部の傾斜インプラントが教則皮質骨を穿孔させて初期固定を一掃強固なものとしているのが印象的でした。術後の創面消毒をヒアルロン酸でGENGIGEL原液とネオステりングリーンと併用して使用されていることに大変興味をもちました。従来のクロールヘシジンとの臨床定期な差はどうでしょうか。

お世話になったマロクリニックスタッフの皆さん、また下尾先生お世話になりました。

2016年11月17−20日 台湾(Taipei)高雄(Kaohsiung)でBIT’s 3rd Annual world Congress of Oral & Dental Medicine 2016が開催され、招待講演者として参加いたしました。今回の演題は”Anatomical Landmarks for the Zygoma Implant Placement”

世界中の臨床家や研究者とお会いして、議論を通じて様々な考え方にふれました。また各国によって事情が全く異なることも身をもって実感することができました。

招待のパーティーで案内されたテーブルはたのしくユニークなテーブルでした。たくさんの友人ができ、今後情報交換の約束ができました。

招待講演はインプラントセクションでのものでした。若い先生方からベテランまで世界中の優秀な先生方と議論し楽しい時間を過ごすことができました。

台湾高雄の路上では広い道路を多くの車とバイクが走っており、バイクを運転する人は例外なくタオルで口と鼻を覆っていました。そのタオルが真っ黒くなっているのが印象的でした。路上を歩く人も必ずマスクをしていました。日本は冬へまっしぐらですが、ここはほとんど夏と変わりません。昼は気温30度以上になって夜は23度以下にはならないようでした。

招待講演や質疑応答はすべて英語で行われるため非常に緊張しました。かなり練習して臨んだので、結構スムーズに進行しました。終了後にはちょっと脱力してしまいました。

fullsizerender-1

座長はポーランドのDr. Piyuchが勤められ、親切な進行が印象的でした。体が大きく怖い顔に似合わず大変暖かな人柄を感じることができました。インプラントのクリニックを開業されている先生で私の講演内容が良かったとお褒めいただいて嬉しく思いました。

fullsizerender

私の一つ前の講演者のDr. Gaudilliere先生です。先生はこの若さでUSA Stanford University Assistant Clinical Professor です。どおりで優秀な先生だなーと思っていました。Dr. Gaudilliereから 先生の靴ベラを使った講演はとてもおもしろく印象的( interesting and very impressive)だったお褒めいただきました。会場から宿泊施設への帰り道二人で世間話をしながら帰っていきました。私がジョークを言うたびに大きな声で笑っていました。先生の子供のことや現在にいたる経緯など初対面なのにたくさんのことを話してくれました。先生またどこぞで見かけたら声をかけてくださいね。

img_5132

大会の会場となったKaohsiung Exhibition Centerの前での写真です。この写真はこの学会で偶然再会した日本歯科大学剣道部の一つ上の先輩である日本歯科大学新潟歯学部の新海航一教授に撮っていただいたものです。なんと35年ぶりの再会です。新海教授の招待講演の写真係を務めることになりました。逆に私が講演するときの写真係も頼むことになりました。教授に向かって写真係を頼める人はそういないと思います。剣道部の先輩後輩の関係はお良いものです。

img_5144 img_5193 img_5198

講演者テーブルお隣になったIcelandのRichiter教授夫妻。法医学者であり、歯科医であり臨床もしっかりやっておられるそうです。中華料理は苦手とおっしゃっていましたが、私がおいしいところを取り分けてさしあげたら、おいしいと言って喜んでいただきました。教授は法医学者特有の雰囲気を醸し出す先生でした。

img_5203

ロシアンマフィアの集団と間違えそうな先生方。私がテーブルに着いたときにはすでにワインをあけていて顔が真っ赤になっていました。ここの講演者テーブルが空いていたのは案内された人がみんな逃げてしまったのではと思いました。ウクライナのインプラント外科の有名な先生方でした。ロシアからですか?ときいたら ニエット ユークリン!と大きな声で答えてくれたのですがどうもわかりません。しばらく考えてそうか”Nieht Ukraine いいえウクライナからです”といったのかとようやくわかりました。いかつい姿とは違い人懐っこく善良な先生方でした。 Dr Klymentiv and Dr Shylenco from Ukraine, 世界は自分たちを中心に回っているという雰囲気でした。

img_5205

Prof Cazacu and his beautiful wife in Romania, Dr Elenbaas in USA. ルーマニアからのこの若さで教授のKazacu教授と左側に教授の美しい奥様 どうやら新婚のようで、アツアツです。右側がUSAで開業しているDr Elenbaas 先生。その経歴は華々しく歯科金属アレルギーの権威です。Kazacuは若いのに義理堅くパーティーでのお礼のメールをいただきました。弟さんが日本で仕事をしているそうです。

img_5211

ウクライナのDr Klymentiv先生に彼女(奥さん?)を紹介したいと無理やり他のテーブルに連れ出されました。彼女を自慢したいらしく、私はしょうがないのでpretty beautiful nice good coolなど思い出せる褒め言葉を動員させて褒めてあげたら満足したようです。

img_5221

Prof Wong in Taipei. 台湾の王教授 高雄にある大学で名前は忘れました。先生はビジネスマンでもありバイオテクノロジー会社の社長でもあります。話していくうちに王教授は1958年生まれ。私は1957年生まれ そして新海教授は1956年生まれですので兄弟のようだと酔っ払って盛り上がりました。酒のうえでの兄弟の契りを結びました?

img_5223

どんなときでもパーティー中でも質問に真剣に答える新海教授。さすがです。いろいろな英語がでてくるので大変だと思います。人のことはいえませんがやはり英語なまりがあるようです。

img_5291

当院加藤譲治先生がノーベルバイオケアー主催 マロクリニックインプラントハンズオン講習会に出席しました。オールオン4の理論的背景から外科手術、補綴処置までを学びました。全国から20人が集まり一番若かったように思います。

前回のセッミナーははマロ先生の1日講義、今回は二日間みっちりと外科手術から補綴処置まで段階的にハンズオンで学んできました。かとう歯科医院で使えるテクニックもあるので早速行ってみます。マロ先生、下尾先生ご指導ありがとうございました。一層勉強します。立派な認定書をいただきました。頑張ります。

img_5003-%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3-2 img_5004