ザイゴマインプラント・インプラント・インビザライン矯正 |
富田林市・河内長野市・堺市美原区・藤井寺市 |
かとう歯科医院

セラミック一日治療 One Day Ceramics

かとう歯科医院のセラミックについて

English Version

セラミックによる審美歯科治療

銀歯撲滅宣言!

日本の人の歯はどうでしょうか?”インターナショナルスタンダードな綺麗な歯並びと白い健康的な歯”からかなりずれていると思われます。まず、歯並びに対する意識が保険外でお金がかかり ”単なるきれいにするための治療”、歯の色と同じようなセラミック治療も保険外でお金がかかり”単なるきれいにするための治療”と認識されているのではないでしょうか? それは大変な間違いであることを御認識ください。”奥歯は目立たないから保険の金属の治療で良い” これは本当にあなたの体に良いことなのでしょうか? 銀歯が目立ってかっこ悪いだけでなく体にも悪いのです。

金属アレルギー

最近金属アレルギーを心配しての患者との相談が増えています。金属アレルギーが疑われる症状として

  • 口内炎が治りにくないか?
  • 膿がたまった水泡が手や足にないか?
  • 歯茎が炎症をおこしていないか?
  • 関節痛がないか?
  • 口の中がただれていたり、白い斑点はないか?

もしこれらの症状が見られる場合は、パッチテスト等を行い、お口の中の金属が疑われる場合はメタルフリーのセラミックの詰め物やかぶせ物に変更してみてはいかがでしょうか。

口腔内金属材料

ここで、日本国内の保険に適応されていて(また過去に適応されていて)、患者さんの口の中に実際に見られる材料を簡単に見てみましょうか。一つ認識しなければならないことは、保険適応されていることは、その薬や材料の安全性を保証するものでは全くないということです。

1)アマルガム

銀色でとスズの合金に亜鉛を添加した粉末を、水銀で練ったものである。なんと水銀が入っているものが口の中に常時入って唾液やと接触しているわけである。水銀といえば水俣病が有名であるが、いわば毒物が50%も入っている詰め物が体に問題がないと言えるはずがないのである。これが歯に詰まっている人は、一刻もはやく、しかるべき対策の出来る歯科医院で取り除き、安全なセラミックインレーとすべきである。これを取り除くのは診療室汚染の問題もあり、歯科医院でもっともやりたくない仕事の一つです。しかし、アレルギーや体の不調を訴える人のために我が身を犠牲にして行っているのです。

2)金銀パラジウム合金

いわゆる日本人の多くの口の中に中に入っている銀歯に使われ、保険適応で、ありがたがられている金属である。金が12%、パラジウム20%、銀50%以上、銅15〜20%、その他不明な金属が一般的な組成のようです。なんと銀と銅が70%を占めている。銀も銅も変色しサビやすい金属です。もしあなたのお口の中にこれがある人は、アレルギー症状のないひとでも、安全なセラミックインレーやオールセラミッククラウンにすべきです。

3)歯科用銀合金

文字通り銀合金です。口の中では真っ黒に変色し腐食します。口の中には使ってはいけない金属だと思う。装着された金属周囲の歯質も真っ黒に変色します。

4)卑金属

現在ではほとんど使われていないようだが、銀色のニッケルクロム合金のクラウンが入っているひとを臨床でたまに見かけます。特徴として異様にかたく、銀色にピカピカしています。やはり口の中には使ってはいけない金属だと思う。とくにニッケルは発がん性が疑われており、もしあなたのお口の中にこれがある人は、アレルギー症状のないひとでも、安全なセラミックインレーやオールセラミッククラウンにすべきです。実際に、私たちは、このような被せ物の周りに悪性黒色腫ができた症例を経験しています。

このような背景から明新会では銀歯をお口の中には決していれないことを誓いました。合着から接着へ 銀歯の冠やブリッジをご希望でしたら、ご要望に沿えないことをご理解願います。

口腔内非金属材料

1)コンポジットレジン

わかりやすくいえば、歯の色をした強化プラスチック材料で、最近のこの種類の進歩は目覚ましく、日本はこの種類の材料では世界をリードしている。年々物性が向上しているが。ただ小さな虫歯への適用には問題ないと思われるが、虫歯が大きく、大きな咬合力を受けるようになる部位には無理があるようだ。歯の色と合わせられる利点があるので、歯科臨床には欠かせない材料だ。この材料とセラミック接着技術を組み合わせたハイブリッドな歯冠修復は、これからの歯の色をした歯冠修復の主流になっていくかもしれない。製品にもよるがこの中の成分である、BIs-GMAという化学物質が環境ホルモンとして作用する可能性が指摘されているが、詳細については不明な部分が多い。また、臨床では歯垢が付きやすく変色していく欠点がある。

2)セラミック

わかりやすくいえば”歯の色をしたせともの”材料である。前歯の補綴に使用される金属のフレームにセラミックを焼き付けるものをポーセレンフューズドメタル、全て陶材のものをオールセラミックと呼んでいる。ポーセレンフューズドメタルはインプラントの大きな範囲の上部構造として欠かせない存在だが、歯への修復補綴には、かとう歯科医院では全てオールセラミックを使用している。現在使われているセラミック材料は大きくシリカ系セラミックと非シリカ系セラミックに分かれており、歯科用としては、ガラスセラミック、強化型ガラスセラミックそしてジルコニアの3種類が主に使用されていおり、さらに細かく種類が分かれるがここでは触れない。それぞれの症例に合うと思われる材料が細かく選択される。セラミックは生体に最も安全で医者として患者さんに勧められる材料である。最近のセラミック材料の進歩は目覚ましく10年前では考えられないほど変化している。変色しにくく、表面が白くきれいでツルツル感も申し分なく歯垢も付着しにくい。ただ部位によっては欠けやすいという欠点がある。現在かとう歯科医院では患者さんに安全なセラミックを中心としてすべての治療を組み立てている。

3)ハイブリッド材料

金属アレルギーを持つ患者さんの小臼歯部と第一大臼歯にCAD/CAM冠が健康保険適応となった。経済的理由からセラミッククラウンができない人のための代替治療と考えられている。かとう歯科医院でも妥協的に行われている。実際のところ臨床では、歯垢が付き易くて外れやすくて減りやすく壊れやすい材料で装着から1年か2年くらいでやりかえが必要な症例が多い。患者さんにこの実情をよくよく理解いただいて治療を受けていただきたいと考えている。
白い歯ドットコムへ

セレック CAD/CAM

あなたの歯に付けられる被せ物や詰め物を作るプロセスを知っていますか?その過程を簡単に説明します。

従来の(古典的)製作法(アナログ法)は

従来の(古典的)製作法(アナログ法) ねんどのようなもので歯型をとる→噛み合わせをとる→歯型から作業模型を作る→上下歯型を噛み合わす器械に付ける→作業模型上で被せ物や詰め物を製作完成→完成物をお口の中に装着する

完成までいくつもの人為的工程と少なくない日数を経て完成される。その過程のなかには必ず”エラー”が存在し、望ましい完成品になるには大変困難な作業であるこをご理解いただきたい。また献身的な歯科技工士の貢献も忘れてはいけない。

最新の方法(デジタル法)は

最新の方法(デジタル法)1 歯をカメラでスキャンする→噛み合わせをスキャン→スキャンデータのレンダリングで立体画像 最新の方法(デジタル法)2 コンピューター上で補綴設計→CAD/CAMにデータ出力し製作完成→患者さんへ修復補綴装着

完成まで人のエラーを最小限にして修復補綴が完成される。歯科技工士の仕事は補綴設計や歯の微妙な色合わせなどに移っていく。デジタルは本当の意味で私たちの仕事内容を診査診断治療と本来の医師の仕事に戻してくれるのである。また症例によっては一回の来院で治療が完了できる利点もある (ワンビジットトリートメント、One Vist Treatment)。体に安全なオールセラミックによる1日治療である。

sirona
かとう歯科医院ではデジタル法でワンビジットトリートメントを行うためにドイツSIRONA社製セレックシステムを導入しました。

信頼のプロセラオールセラミックによる審美歯科治療

治療方法
審美性を要求される部位のインプラント補綴上部構造または天然歯補綴の場合はプロセラオールセラミッククラウンまたはブリッジで治療されます。全顎のインプラント上部構造はプロセラシステムやコバルトクロムフレームを用いた審美的治療が行われます。インプラントを含めた前歯の治療は事前診断や審美的デザインの優れたかとう歯科医院のプロセラオールセラミックまたはプロセラシステム治療(ノーベルバイオケアージャパン社)を強くお勧めします。
どんな人に適応
歯の色や形が気になる方、かぶせた冠と歯肉の間が黒くなっている方、金属アレルギーに悩んでいる方に最適です。歯が気になって気になって自然に笑えない方。進学、就職、結婚や久しぶりの同窓会などを控え“歯をきれいにしたい”あなた。かとう歯科医院のオールセラミックならそんなお悩みを解決出来ます。白く透明感のあるオールセラミックはきっとあなたの笑顔を輝かせるでしょう。
治療の流れ
  1. 初診
  2. 問診
  3. 要望聴取
  4. 口腔内写真診査
  5. X線診査(ガリレオスシステムCT診査)
  6. 治療提案計画説明
    (オールセラミックの種類や本数、最適な笑顔を得るための現実的補綴設計提案)
  7. 治療費用見積もり
  8. 当院治療委任確認
  9. 治療決定(必要な口腔内模型採得)
  10. 治療順序予定 付加的歯科処置の説明(初診はここまで行います)
(ラボラトリーでの診断用ワクシング、仮歯の作成)
治療費お振込確認後の次回より治療を開始いたします。
費用(2016年6月現在)
プロセラオールセラミッククラウン1本につき ¥130,000+消費税(仮歯含む)
オールセラミックインレー1本につき ¥50,000+消費税(仮歯含む)
補綴設計診断料(補綴歯が4本以上の場合)1症例につき ¥60,000+消費税
その他必要と考えられる歯ぐきの治療、根管治療費用、衛生関係費用は別途必要 デンタルローンご希望の方はこちら
症例
症例1 セラミックインレー(セラミックの詰め物) 患者さんは銀色の詰め物を白くして欲しいと希望、セラミックインレーで治療された。 症例1 症例2 プロセラオールセラミッククラウン 患者さんは前歯を綺麗にしたいと来院、プロセラオールセラミッククラウンによる補綴治療が行われた。 症例2 症例3 反対咬合の治療を希望して来院。フルマウスの矯正歯科治療を提案したが時間の関係でプロセラオールセラミック補綴治療によって咬合の改善をおこなった。 症例3 下顎の金属修復物も全てセラミックに変えてメタルフリーが実現された。金属アレルギーの心配も軽減されたのではないだろうか。 症例3 症例3
相談をご希望の方は、お電話にて必ずご予約の上ご来院ください。 オールオン4&ザイゴマ
デンタルローンご希望の方は
ご相談ください。
http://www.aplus.co.jp/ http://www.surugabank.co.jp/reserved/landing/dental/ 対応クレジットカード
相談をご希望の方は、お電話にて
ご予約の上ご来院ください。
TEL:0721-20-1000