ザイゴマインプラント・インプラント・インビザライン矯正 |
富田林市・河内長野市・堺市美原区・藤井寺市 |
かとう歯科医院

セラミック一日治療 One Day Treatment

かとう歯科医院のセラミックについて

English Version

美しさと健康を兼ね備えたセラミック治療

かとう歯科でのセラミック1日治療が選ばれる理由

1 金属の体と歯への害をなくす

保険適応の金属は合金と言われる複数の金属が入ったもので、その中にはアレルギーの原因となりやすいものも含まれています。また金属の詰め物は接着力が低く、隙間ができやすいため、2次的な虫歯にもなりやすく歯の寿命も縮めます。安全なセラミックを歯と科学的に接着させて健康な体に。

2 汚染を最小限に、
安定した素材で修復

金属、セラミック問わず従来の粘土のような型取りによる詰め物の製作は、工程が多く時間がかかるため汚染の問題があり、歯型や模型の変形、詰め物への気泡の混入など精度の問題もありました。コンピューターで歯を読み取り、工場生産のセラミックブロックを削り出しして精度、安定性を最小限の時間で。

3 進化し続けるセレックによる
one day treatment

当院では、医療先進国ドイツのセレックシステムを使用し、コンピューター制御[CAD/CAMシステム]で修復物を製作しています。約30年前に最初のものが開発され、それ以降ずっと研究開発が行われています。様々な歯科用CAD/CAMシステムが存在しますが、スキャンから完成までを自社のシステムで行っているのはセレックシステムだけです。

金属、セラミック比較

金属 セラミック
アレルギー 口の中では常に唾液にさらされているため体に微量の金属が常に溶け出している状態です。現在銀歯に使用されている金属に含まれているパラジウムや昔使われていたアマルガムに含まれる水銀などは体への害が危惧されているのが有名です。 セラミックとは陶器のような素材なので、ほとんど溶け出すことがなく、アレルギーの心配はありません。
接着 歯とくっつける力が弱く、詰め物をきつく作って物理的な力と接着剤による力を併用します。経年的にはがれやすく、はまっているだけの状態になりやすく隙間ができやすい傾向があります。その隙間には虫歯菌が入り込めることがほとんどです。 歯と化学的にくっつける力が強く、隙間ができにくく、歯と一体化させて修復します。接着の技術は年々進化しており、現在の技術を常に学んでおく必要があります
細菌 口の中で金属イオンが溶け出すことによって腐食したり電位を帯びやすい状態になるため細菌が付着しやすくなります。虫歯も歯周病も口の中の細菌が原因です。 経年的に表面が滑沢で電位を帯びていないため細菌が付着しにくい状態が保たれます。
強度 曲がる性質があるので割れることはほとんどありません。歯に過度な力がかかっても金属は生き残ります。 ほとんど曲がらないので割れることがあります。歯の表面と似せて作ってあります。

セラミック1日治療の流れ

初診時

口腔内写真検査、X線検査、問診を行い、治療計画を立てます。初回来院時はプランニング、見積もりを行い、2回目から処置に入っていきます。根管治療や抜歯が必要な場合など、セラミック処置の前に通院が必要な場合があります。

1日治療当日

(1)口腔内スキャン 歯を形成した後、光学カメラ(スキャナー)にて歯と噛み合わせの読み取りを行います。これが型取りの代わりになります。

(2)設計 コンピューター上に再現された口の中のデータを元に修復物のシミュレーション、形の設計を行っていきます。

(3)セラミック削り出し 設計されたデータをミリングマシン(削り出しの機械)に送り、セラミックブロックを削り出ししていきます。

(4)装着 完成したセラミックを専用の接着剤で強固に装着していきます。

セレックCAD/CAMを見る

従来法(型取りして模型を作り、固めて詰め物を作る方法)との比較

スキャナによるデジタル模型の精度は、昔は型取りの方法に劣ると言われていましたが、現在の技術では同様以上であるとのデータが出ています。材料が固まる時には必ず体積変化が起こるので、微細なものではありますがその積み重ねがエラーにつながります。

信頼のプロセラオールセラミックによる審美歯科治療

治療方法
審美性を要求される部位のインプラント補綴上部構造または天然歯補綴の場合はプロセラオールセラミッククラウンまたはブリッジで治療されます。全顎のインプラント上部構造はプロセラシステムやコバルトクロムフレームを用いた審美的治療が行われます。インプラントを含めた前歯の治療は事前診断や審美的デザインの優れたかとう歯科医院のプロセラオールセラミックまたはプロセラシステム治療(ノーベルバイオケアージャパン社)を強くお勧めします。
どんな人に適応
歯の色や形が気になる方、かぶせた冠と歯肉の間が黒くなっている方、金属アレルギーに悩んでいる方に最適です。歯が気になって気になって自然に笑えない方。進学、就職、結婚や久しぶりの同窓会などを控え“歯をきれいにしたい”あなた。かとう歯科医院のオールセラミックならそんなお悩みを解決出来ます。白く透明感のあるオールセラミックはきっとあなたの笑顔を輝かせるでしょう。
費用(2016年6月現在)
セラミッククラウン(かぶせもの)1本につき ¥130,000+消費税(仮歯含む)
セラミックインレー(詰め物)1本につき ¥50,000+消費税(仮歯含む)
補綴設計診断料(補綴歯が4本以上の場合)1症例につき ¥60,000+消費税
その他必要と考えられる歯ぐきの治療、根管治療費用、衛生関係費用は別途必要 デンタルローンご希望の方はこちら
症例
症例1 セラミックインレー(セラミックの詰め物) 患者さんは銀色の詰め物を白くして欲しいと希望、セラミックインレーで治療された。 症例1 症例2 プロセラオールセラミッククラウン 患者さんは前歯を綺麗にしたいと来院、プロセラオールセラミッククラウンによる補綴治療が行われた。 症例2 症例3 反対咬合の治療を希望して来院。フルマウスの矯正歯科治療を提案したが時間の関係でプロセラオールセラミック補綴治療によって咬合の改善をおこなった。 症例3 下顎の金属修復物も全てセラミックに変えてメタルフリーが実現された。金属アレルギーの心配も軽減されたのではないだろうか。 症例3 症例3
相談をご希望の方は、お電話にて
ご予約の上ご来院ください。
TEL:0721-20-1000