嘔吐反射で矯正の歯形取りは無理?

”嘔吐反射(えづく)がひどくて歯形を取るのが苦手です” このような理由で矯正治療をためらっています。このような相談を受けることが多くなってきました。

かとう歯科医院では、インビザライン矯正の歯形取りは従来のお口にネバネバ材料入れて固まるのを待ってとるアナログ歯形取りから、iTero element という世界最新のデジタルスキャナーによるお口の中をカメラによるスキャンでのデジタル歯形取りに変えていきます。

このデジタル印象により 嘔吐反射がひどく従来の歯形取りで対応できなかった患者さんに快適に治療を受けていただけるようになりました。ほかにもデジタル化により画面で直接口の中の状態を確認できますので、歯形失敗によるもう一度とりなおしがなくなりました。その他患者さんに多くのメリットがあります。

さあ 最新の iTero element デジタル印象でインビザライン矯正をはじめてみませんか?