IMG_5288

今日のインプラント手術は下顎抜歯即時インプラント埋入とGBR(Guided Bone  Regeneration:ガイドされた骨再生法)と上顎大臼歯部上顎洞骨移植術と同時にインプラント埋入するものでした。

静脈内鎮静法を行うときに静脈確保を行いますがその際患者さんから血液を採取しておきシャーレに入れておきます。自然に血液は血清と血餅に分かれていきます。移植材料を固める際にはこの血餅に混ぜて使用するとひとかたまりになるので非常に使いやすくなります。また血餅はフィブリンを多く含むので骨形成やインプラントと骨組織の骨結合osseointegrationオッセオインテグレーションを得やすくなると考えられますというのは、骨が形成する過程ではこのフィブリンのネットワークが重要な役割を果たしていることがわかっているからです。また血清も縫合の際に粘膜弁の内側に塗り込んでおくと治りが非常にスムーズになるようです。このような下準備を整えておいて手術がはじまります。

上顎洞骨移植術では本日はラテラルアプローチ(側壁の壁から穴を開けて上顎洞粘膜を剥がしていく方法)で行いました。この部位には動脈である後上歯槽枝や眼窩下動脈の枝などが側壁を走っているので穴を開ける際には注意を払わなければいけません。通常は1.0mm以下の太さですが中には2.0mmに及ぶものもあり事前にわかればこの部位を止血鉗子でつまみその外側を縫合してから真ん中でカットすれば無用な出血を避けることができて視界がよくなり手術しやすく時間もかからなくて終了することが可能になります。この部位の血餅と混ぜた人工骨β-TCPをいれ、インプラント入れて洞粘膜を支えるテントの役割を担ってもらい約6カ月後にはこの部位に骨ができてくることになります。

GBRは骨欠損部位をメンブレイン遮蔽膜(今日はバイオガイドという吸収性のコラーゲンメンブレインを使用しました。一枚3万円します。βTCPは上顎洞度に入れる量の値段は6万円ぐらいになります。上顎洞骨移植にもふんだんに使います)でしっかり覆い縫合することによって欠損部位に骨が再生してきます。この方法も非常に繊細なテクニックが要求されます。

簡単にオペをやっているようでも普通にこのような術式、方法や材料などを巧みに組み合わせながら手術を進行させます。おかげさまで計画通りに手術を終了できました。全身管理と鎮静法を担当する麻酔医、執刀医1名、助手歯科医師1名、助手歯科衛生士1名、不潔係2名で本日の手術は行われました。ご協力ありがとうございました。

安さを売りにしている施設の治療はこれらの中の大部分を削らないと不可能なので、結果も不満足な結果しか生み出せないかもしれません。よくよくお考えのうえ治療をお受けになることをお勧めいたします。最後まで読んでくれてありがとうございました。

インプラント治療について詳しくご紹介します。

IMG_4382

夏休みインプラント治療相談はお早めにどうぞ。

今年のインプラント手術予定がタイトになっております。最小のインプラント本数で最大の効果を less is more を体現したのがオールオン4プロ&ザイゴマコンセプト。上顎、下顎、どちらにも適応できます。

次のような患者さんに適応します。

1)上顎下顎とも歯がなく総義歯を入れているが安定が悪くしかも痛いのでよく噛めない見た目も悪い(片顎が全く歯がない場合も適応します。

2)歯が残っているがどれも頼りなく見た目も悪いのでなんとかしたい

3)歯全体が虫歯でボロボロになりなんとかしたい 噛めないし見た目も惨めだ

4)その他

患者さんに最適な解決方法を御来院いただいたその日にご提示させていただきます。お電話で必ずご予約ください。

 

 

 

今日のインプラント手術は両側下顎大臼歯部抜歯即時インプラント埋入と骨移植でした。今週も張り切っていきましょう。今週は新しいホームページのアップもあります。楽しみにしています。時系列で洗練されていく様子は手術に共通します。
IMG_4700

Boujour

ご無沙汰しています。
5/13金曜 5/14土曜日にマカオのベネチアンマカオホテルで開催されるインビザラインアジア太平洋サミット学会に出席します。ラウンドテーブルセッションではパートナーの加藤通子先生とケースプレゼンテーションを行う予定です。今最後の準備に入っています。刺激的なサミットなのでしっかり最新情報をゲットしてこようと思っています。楽しみです。

そのため 5/13金曜 5/14土曜日 かとう歯科医院インプラントセンターは休診させていただきます。(12日木曜15日日曜は休診日です)

サミットの模様は次の機会に報告させていただきます。

Ademain

o0650024813643076629