ニューズウィーク20160902~Dr柳沢1

ニューズウィークに高濃度ビタミンC点滴療法の記事が載っています。日本ではまだまだですが副作用のない癌の治療法としての地位がアメリカで確立しつつあることを暗示しています。日本のマスコミは高濃度ビタミンC点滴療法を民間療法とこき下ろしてきましたが、もうそんなことは言えなくなる日が日本でも近いのでしょう。ぜひ一読願います。

点滴された高濃度のビタミンCの成分がが静脈から血管外に染み出し過酸化水素という活性酸素を作り出し、この活性酸素が癌細胞に取り込まれると癌は大幅にその活動が抑え込まれて細胞死に向かうという癌抑制のメカニズムがわかりやすく記載されています。

ニューズウィーク20160902~Dr柳沢2

161003_photo2